【配当金レポート】2020年7月8月の受取配当金

【配当金レポート】2020年7月8月の受取配当金

こんにちは、マサル@MasaInovationです。

40歳までに年間配当金120万円(月10万円)を目標に資産形成しています。

月10万円も配当金という不労所得を得られれば、家計的に助かりますよね。

特に私の場合、40歳後半で子供が大学に進学する年齢に達するので、その時に+10万円でも家計上乗せされるならこれほど助かるものはありません。

本日は2020年7月8月に受け取った配当金と、2020年累計配当金をまとめました。

※本記事は私の備忘録的な部分も含みます。

2020年7月8月の配当金

2020年7月8月の受取配当金は、下記のとおりでした。(税引き後)

米国株$100.86
日本株¥599

配当銘柄は、

  • VTI
  • VOO
  • KO(COCA COLA)
  • MO(ALTRIA GROUP INC)
  • LEG(LEGGETT AND PLAT)
  • BTI(BRITISH AMERICAN)
  • PG(PROCTER&GAMBLE)
  • T(AT&T INC.)
  • VZ(“VERIZON COMMU.)
  • 6078(バリューHR)

の米7銘柄、米ETF2銘柄、日1銘柄です。

配当金額が大きかったのは、VZ($28)とMO($21)でした。

VZは他の銘柄に比べ、保有株数が多く、その分配当金も大きいです。
配当年利回りは4.1%程度。(税引前)

MOは保有数はそこまでありませんが、配当利回りが8%とかなので、配当金額も大きいです。
しかもここ数ヶ月株価も上昇中なので、含み益もあります。

長期的な運用になるので、一時の暴落で投げ売るようなことはせず、徐々に買いましていきます。

2020年累計配当金額(税引き後)

2020年の累計配当金額は、

  • 米国株 $219.07
  • 日本株 ¥14,786

でした❗️

まだまだ少ないですが、持っているお金に動いてもらっただけで、不労所得を得られます。

淡々と無の境地で「金のなる木」を淡々と積み上げですね。

保有銘柄

資産分布

下記が、現在の保有資産分布です。

最近は米国株の積み上げ購入が多いので、米国株比率は50%を超えました。

今後も、米国株は淡々と積み上げ、日本株は優良銘柄・良い株主優待があれば購入する予定です。

各資産の評価損益です。
ここ数ヶ月間は上昇相場でしたので、ありがたいことにそれぞれの資産で+となっています。

米国株と外貨預り金は、円換算した時に為替の影響を受けますので、参考値です。

平均した為替レートは算出していないのですが、おそらく106.8円くらいです。

保有資産評価損益

下記表は、各保有資産の評価損益です。

下記を見てみると、投資信託が圧倒的なパフォーマンスを出していますね。
元本は30万円弱くらいですが、昨年からずっと積み立てていたこともあり、Total+12%くらいです。

投資先は、eMAXIS Slim 先進国株式インデックスeMAXIS Slim 新興国株式インデックスeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)の3本です。

これを見るとインデックス投資のパフォーマンスが良く、しかもノーロード、信託補修も0.1%とかなので、コスパ感が最強です。

いずれの資産も20年~30年の長期投資が目的なので、淡々と積み上げます!

資産合計評価損益
資産総額¥6,749,756+¥142,378
保有商品の評価額合計¥6,444,062+¥142,378
国内株式¥2,199,750+¥101,298
米国株式¥3,918,185+¥2,581
投資信託¥326,127+¥38,499
外貨預り金¥305,694

まとめ

私の5月末時点の資産評価額・運用状況・投資方針については、下記にてまとめているのでご参照ください。

資産形成は、長丁場の勝負です❗️

引き続き淡々と積み上げます!

※本記事は、私の備忘録的な部分も含みますが、20代の資産形成や投資にご興味のある方のご参考になれば幸いです。(もちろん他の方にも)

配当受取カテゴリの最新記事