【 防災アイテム 】いざという時の防災アイテム8選‼️‼️

【 防災アイテム 】いざという時の防災アイテム8選‼️‼️

こんにちは!マサル@MasaInnovationです。

皆さんは、防災グッズって家に備えてありますか?
独身時には気にしませんでしたが家族を持つようになり、
非常時に家族を守ることを考えるようになった今日このごろです。

最近引っ越したこともあって、防災グッズを備えていなかったので、
防災グッズを色々調べましたので、ご紹介いたします!

※タイトル画像はニュージーランド、ミルフォードサウンド。氷河で削られている。

ポータブル電源 | MIGHTY 非常用電源

被災時、身の安全を守るのは第一です。
その後、家族と連絡を取ったり、避難する時の情報を取るために
スマートフォンは使えるようにしておきたいですよね。

そんな時、MIGHTYの非常用電源があると本当に安心です!

なんと言ってもその大容量。普段みなさんが使っている外部バッテリーは
大体3000mA~5000mA程度。これは153,600mA。
約50倍~30倍程度のバッテリー容量です!スマホ満充電を約50回くらいです。
(フリーザの戦闘力53万を聞いたときくらいの衝撃です。。)

AC電源/DC電源どちらも放電可能なので、小型冷蔵庫なども駆動できます。

また何がすごいって、車のバッテリーが上がってしまった時、カージャンプスターターとしても使用できちゃうんです。
被災時のみならず、アウトドアにも使えそうですね。車の中に常時おいておいても良いかもしれません。

約80000万円と少々高いですが、車に常備してジャンプスターターも兼ねているなら安く感じます笑

画像1

防災ラジオ

スマホでの情報収集も大事ですが、被災時には回線が混雑あるいは繋がらない可能性もあります。

そんな時はラジオでの情報収集が一番安心です。
最近のものは、ラジオ+バッテリー+ライト+発電機が付いていて、
便利ですね! またソーラー充電もできるのでどんな時でも電気が切れる心配はありません。

※下記、買おうと思いましたが、僕の家には妻が中学生の時に作った、
防災ラジオがあったのでそれを使います。笑

機能満載で2980円!

画像2

携帯トイレ

被災時のトイレ事情は深刻です。
避難所や施設のトイレを使えればいいですが、混雑していたり、トイレ自体が被災していたら、使用できないケースもあります。

そんな時は、携帯トイレを持っておけば安心です!
強力な防臭袋が付いているので、臭いも気になりません。

50回分で5400円!

画像3

防災ポリタンク |  ウォーターバッグ

どんな時でも水の確保は大切です。
通常のポリタンクだと大きくてかさばりますが、
下記タンクであれば折り畳めるので置き場に困ることはありません!

また一つで5L入り、取っ手と蓋も付いているので、
実用的です。Amazonでもベストセラー商品となっていました!

5L×2つで800円!

画像4

乾電池 | Anker アルカリ乾電池 単3形 (24本パック)

バッテリー製品は、自然放電で定期的に充電していないと、
いざという時に使えません。
そんな時はやはり最後の頼みの綱、乾電池の備えは必要です!

信頼と安心のメーカーAnkerが出しているアルカリ乾電池であれば、
10年の長期保存にも対応しており、液漏れなどの心配もいりません!

約1300円!24本入り

画像5

アルミブランケット

被災時に暖かいブランケットがあるとは限りません。
寒さを凌ぐには保温/防風が必要ですが、
そんな時はアルミブランケットが便利です!

軽くて、嵩張らず、しかも暖かい!
僕は登山やキャンプもしますが、常備しております!

3枚入り、約900円!

画像6

非常食 | 尾西食品 アルファ米12種類全部セット

非常時の食料確保は死活問題です!
カップ麺とかでも非常食にはなりますが、
お湯が準備できないときもあります。
そんな時は水でも作れる「アルファ米」保存食シリーズがオススメ!
「アルファ米」とは、炊きたてご飯のおいしさをそのままに急速乾燥したもので、お湯で約15分、水で約60分でふんわりご飯・お粥ができあがります。

僕はキャンプ時に時々食べます笑 ←

12種類×1食で3680円!

画像7

非常用バッグ | [山善] 防災リュック 30点 セット

上記で色々とご紹介しましたが、
個別で購入するのが面倒!という方には防災グッズがセットになっている、
防災バッグがおすすめです。

家族分、これを持っておけば、被災時に大切なものとこのバッグ一つで、
とりあえずは避難できますね。

一式で約4000円!

画像8

まとめ

1.ポータブル電源は車に積んで置けばOK!
2.発電機付きラジオは小学生の図工で作っている可能性あり!
3.面倒なときは防災バッグ一つ買おう!

色々調べていく内に、あれもこれも必要だな。。となってしまいましたw

でも備えあって憂いなし!

一つ思ったのが、キャンプ/登山用品が防災グッズになりますね!
登山家/キャンパーの人が、被災時強いかもしれません。

ポータブル電源は少し高いので、それ以外は備えようと思います!笑

最後までお読みいただきありがとうございました!

未分類カテゴリの最新記事