【ガジェット】DJI Osmo Actionレビュー❗

【ガジェット】DJI Osmo Actionレビュー❗

こんにちは!マサル@MasaInnovationです。
ガジェット好きな僕が送る、最近購入してよかったものご紹介です。

皆さんは、普段日常で動画を撮る時、何で撮っていますか?
大体スマホですよね!僕もそうでした!
つい1月、ニュージーランドへ新婚旅行へ行くのに、迫力のある映像が撮りたいと思って購入してしまいました。

旅が好きな人、アウトドアな人、迫力のある映像を撮りたい人に最適❗
2019年5月に世界的なドローンメーカーであるDJIからリリースされた画期的なアクションカム、

Osmo Action を紹介します。

まずはDJIの公式Promotion Videoを!

Osmo Action 製品仕様と特徴

手のひらサイズなので、旅先でポケットに入れておいて、すぐに取り出せる。Osmoシリーズの高度な映像ブレ補正技術を継承しているため、どんなに走っても映像がぶれない、また広角なので大迫力な映像が撮影可能です。
下記、一般的な仕様です。

仕様

https://www.dji.com/osmo-action/info より

アクションカムといえば、GoProが有名ですが、なぜ僕がOsmo Actionにしたかというと、ズバリFront Displayが付いていて自撮りに最適だからです!自撮りしているのにどこまで写っているのか確認できないと不便ですよね。

他にGoProと違う仕様として、HDR動画が撮れたり(逆光対応)、防水11mだったり(GoProは10m。ギリ勝ってる)するのですが、僕はプロのカメラマンじゃないので、そこまで気にしていませんでした。しかも値段もGoProより若干安かったのも良かった。

使用感

まず持った感じ。小さくて軽い❗❗ (シール貼りっぱなしです笑)

*正面

持った感じ2

こんな大迫力映像を素人でも撮ることが可能です❗❗
僕がニュージーランドに行った時に撮った映像をどうぞ。
※ニュージーランド南島、マウントクック山付近にあるフッカー湖トレッキングの時の映像

これ、普通に歩いててこの手ブレ補正。そしてこの画角の広さ。対照として、Nikonの一眼レフD5100で撮った映像がこちら。
映像違いますが、こちらも普通に歩いてて、このブレ方。

水中映像も可能!

あとスマホアプリで撮ってる映像を確認しながら撮影できるのもGoodだった。※今後アプリのご紹介もしようと思います。

アプリ

まとめ

-小型で持ち運びしやすくて、旅先のアクティビティに最適❗
-最強手ブレ補正と広画角で迫力映像の撮影が可能❗
迫力のある映像を撮りたい人、旅先での思い出にいかがでしょうか?

まだ使い込めていないので随時Updateしていきます。

https://www.dji.com/jp/osmo-action

ガジェットカテゴリの最新記事