【2021年総括】米国株が絶好調(20代妻子持ちのリアルな株式投資)

【2021年総括】米国株が絶好調(20代妻子持ちのリアルな株式投資)

こんにちは、タグホイ投資です。

2022年が始まりすでに2ヶ月経過しようというところですが、
2021年の投資総括とこれまでに受け取った配当金のレポートをしていきたいと思います。

私は40歳までにSide FIRE(本業or副業しながら投資で生活)を目標に資産形成しています。

Twitterの投資の諸先輩方を目指してがんばります!

補足:FIREとは
Financial Independence, Retire Early の頭文字4文字をとったもの。
経済的自立、早期リタイアの略

これから投資をしようとしている方、すでに投資をしている方に少しでも参考になれば幸いです。

※本記事は筆者の備忘録的な部分も含みます。

◆筆者投資ヒストリー

私が投資を始めたのは大学3年時です。ちょうど2013年10月からNISA制度がスタートし、株式投資というものに興味を持ちました。その時持っていた60万円くらいの資金で投資信託・日本株への投資を開始しました。その後、2018年から本格的に資産形成という意識の下、日本株・米国株・投信・ETFなどへ投資しています。

2021年12月末の総資産と運用成績

2021年の総資産と資産推移、運用成績について書いていきます。

総資産額

2021年12月の総資産は、下記のとおり

結果は、14,724,216円

でした!!!(この記事を書いている2022/2/27時点ではウクライナ情勢により少々下がっておりますが)

今年は総じてかなり良い年だったかなと思います。

割合的には、70%程度を株・投資信託に回しており、それ以外が現金相当資産となっています。

ちなみにこれ以外にDC150万円、妻NISA 80万円、持株会50万円ほどありますが、総資産としては除外しています。

1470万円ということで、これが昨年比でどれくらい増加したのかを見ていきたいと思います。

マネーフォワード総資産より

資産推移と増加率

2020年末から直近1年間の資産推移は下記のとおりです。

ありがたいことに基本右肩上がりで来れました。

マネーフォワード資産推移

2020年末の総資産は10,160,254円だったので、2020年末との資産Gapは

4,563,952円!!!

資産増加率は44.9%!

出来過ぎている!!!

これを達成した主な要因は、

・日本株の上昇にもうまく乗れた
・年初103円→115円の円安
・絶好調すぎた米国株

が大きな要因と考えています。詳しい分析は後半で行いたいと思います。

譲渡損益

株式投資で得た譲渡損益は下記のとおりでした。

日本株の譲渡益は

844,347円!!!

日本株2021年損益

米国株の譲渡益は

453,543円!!!

米国株2021年損益

合計は、1,297,890円となりました!

・・・・おや?

米国株が好調だったのに、日本株の方がパフォーマンスがいいという結果になっています。

理由としては、以前から持っていたAT&TとVZが米国株が好調の中、ダラ下がりだったため、投資効率が悪いと考え、損切りして、他の投資先に資金を回したというのが主な理由です。

また米国株は利益として確定させていない分があるので、あくまで利益確定分の損益が約28万円ということになっています。

配当金

2021年に支払われた配当金額は、

日本株が96,600円!!!

米国株が1,815USドル!

合計、305,325円(115円レート換算)

となりました!

結構もらえましたね。税引き前なのでここから20%程度、差し引かれていますが、ざっくりですが、手取りベースで年24万円ほどの配当収入を得ています。
これを月で換算すると2万円ほどの不労所得ですね。

月2万円の収入を得ようとすれば、残業10時間程度に相当します。残業するくらいなら家族との時間に割きたいのでとても嬉しい不労所得ですね。

運用状況

これまでの資産推移と現在の運用状況を見ていきます。

資産総額

冒頭の通り、現在の資産総額は 14,724,216となっています。

現金ポジションは約25%程度です

現在、月10万円(NISA投信含む)、ボーナス時は40万円、年200万円のペースで投資をしています。投資先はほぼ米国株。なぜ米国株かというと長期目線で右肩上がりになる可能性が高いからです。歴史的にみて、どんな大恐慌でも最終的に回復していますし、今後成長が見込めます。

米国株(含み益+75万円)

現在、米国株だけで600万円ほど投資していますが、投資先は個別銘柄メインです。

年始から原油が高騰し、XOMがその恩恵を受け上昇しています。

またVTIは一昨年から投資をしていたので、まだプラスを維持しています。

FB・PYPL等は試し買いなので、今後の状況見ながら本格買い予定です。

他は基本、利上げとウクライナ情勢によって、マイナスです、、、

2022/2/24に大底を打ったと期待して、今後は株価回復を期待したいと思っています。

後述しますが、直近のウクライナ戦争によってFRBは積極的な利上げはしないという観測があり、私もそう思うので、バリュー株からグロース株へシフト予定です。

具体的にはBHP・CLR・XOM(一部)を売却し、QQQ・TSLA等のグロース株へ資金を移したいと思っています。

ポストコロナのDALやCCLはこのまま放置です。

日本株(含み益+3.6万円)

日本株の運用状況は下記の通り。これとは別に子のジュニアNISA口座がありますが、今回は集計から外します。

FOOD&LIFE(スシロー)、プラスアルファ、オリックスが完全に三菱UFJの足を引っ張っています笑

FOOD&LIFEは過去に何度も利益が取れた株だったので、再INした所、現時点マイナスです。

プラスアルファはほんの出来心で投資した所、年初から暴落に次ぐ暴落。目も当てられない状況なので、今は無視しています。(あかんやつ)

オリックスは優待狙いのため、直近は放置プレイです。
が、近いうちに売却して他の割安日本株に投資予定です。

投資信託

投資信託の運用状況は下記の通り。

基本NISA口座で下記3銘柄にTotal月5万円の資金を投入しています。今後の投資方針も崩さず、ひたすら積み上げていきます。
※投資先に迷っていた時期に細かい投信を少額買っています笑

投資信託の良いところは、何も気にせず放置できるところです。日々の基準価格の動きも全く気にしないで放置プレイです。

こちらの上昇率は現時点+16%。

2018年ごろから長期投資で少額で積み立てていたので、個別よりいいパフォーマンスを出してもらっています。

時間と労力、リスクを掛けている個別株より、全体的なパフォーマンスが良い積立投信を見ると悲しくなりますね笑

が、今年は個別株でパフォーマンス出します!(宣言)

あとは、最近楽天証券の改悪がひどいので、元々持っていたマネックス証券と最近作ったSBI証券でも積立予定です。

今後の方針

目下の株式相場での懸念点は、

ウクライナ情勢

FRBの利上げ

の2点です。

2022/2/24にロシアがウクライナに本格的な侵攻を開始したことが、先行き不透明感の払拭に繋がり、株価は大きくと反発しています。

また戦争が開始されたことで、FRBは積極的な利上げは実行せず、静観するのではという観測も広まっています。

それを受けて、今後の投資戦略はバリュー投資からグロース投資へ切り替えます。

①ハイテク企業への投資 ⇨QQQ・TSLA・PYPL

②米国株全体への投資 ⇨VTI

③ポストコロナ企業への投資 ⇨CCL・DAL・ABNB

に投資することです。

色んな投資家の観測では、2022年はSP500はプラスマイナスゼロで着地するといった予想が聞かれています。

今後、米国株で利益を得るためには、個別株・個別セクターに投資をすることで、市場平均より高いパフォーマンスを目指します。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

資産形成は、長丁場の勝負です❗️

まだまだ投資に関して素人な部分が多いですが、引き続き淡々と積み上げます!

※本記事は、私の備忘録的な部分も含みますが、20代の資産形成や投資にご興味のある方のご参考になれば幸いです。(もちろん他の方にも)

ポートフォリオカテゴリの最新記事